記事一覧

分割日本一周東日本編3

2020.09.27

15日目、青森まで。
悪天候で欠航のため青森便で函館に渡ったため、復路を大間便にして本州に戻ってきた、日本一周とあれば突端は外せない。
おかげで下北半島を3度も行ったり来たりすることになるが、交通の流れは良いので距離の割には楽ちん、自宅周辺の渋滞道路のほうがなんぼか苦痛だ。

↑ 大間崎
昼食にマグロ丼を食した後、むつ→野辺地→浅虫と沿岸を走って青森泊。

16日目、能代まで。
青森市街から陸奥湾岸を走り龍飛崎へ。
途中、青函トンネル入口広場に立ち寄る。

↑ 龍飛崎シーサイドパーク付近

竜泊ラインを走り道の駅こどまりで昼食、出発しようとしたところ駐車場を出た途端にクラッチワイヤーが切れるトラブル発生。

出発前の目視点検では特に問題なかったので一気にブチッと切れた様子、最近クラッチワイヤーが伸びてるなぁという感覚はあったため応急修理用のタイコを持っていて助かった。
ノークラッチシフトを心がけ百数十キロ走り能代の温泉宿に到着。

17日目、秋田まで。
行きつけのバイク屋に新しいクラッチワイヤーを次の宿に送ってもらい修理することに。
応急タイコのままでは不安なので60kmほどしか離れていない秋田までの移動とし、ワイヤーの受け取りのため余裕を持って3泊する。
台風も通過することだし一休みするのも良いだろう、GoToのおかげで3泊しても1万円しないのは助かる。

↑ 八郎潟付近、道の駅ことおか 土笛の里

18日目、秋田市内観光。
秋田に着いた当日にクラッチワイヤーを受け取ることが出来、その日のうちに修理を終えたので残りの2日を持てあますことに。
この日は台風で雨も降っていたのでバスに乗ってイオンモールへ行き映画を見てのんびりと過ごす。

↑ 秋田駅、思いのほか発展してた

19日目、男鹿半島ツーリング。
クラッチワイヤーをいたわるためパスしてしまった男鹿半島を少し戻って走ることに。
道の駅で地元高校生によるなまはげの演舞を見たり、ゴジラ岩に立ち寄る。
少ない交通量と適度なワインディングで楽しめた。

↑ ゴジラ岩

20日目、新潟へ。
新潟観光に時間を割きたかったため数度の給油と休憩以外はほとんどノンストップで日本海沿岸のR7を走り新潟まで。

↑ 道の駅鳥海。 山形県は一気に走り抜けてしまった。
新潟では万代橋周辺や朱鷺メッセを観光、佐渡への渡航が頭をよぎるも思いとどまった。

21日目、松本へ。
何処までを東日本とするのか旅の終わりを決めずに出発したのだけど、地学的にフォッサマグナの東端が良いだろう。
柏崎→上越と日本海沿いにR8を走って糸魚川に到着、旅の終着点とする。

↑ 糸魚川 ヒスイ海岸
ここから一気に自宅まで帰れないこともないが、旅の余韻に浸るため松本を最終宿泊地にする。

22日目、自宅へ。
3週間の間で季節が随分と進んだのか朝の松本は肌寒く12度くらい、雨の降る知床峠(15℃)より寒かった。

↑ 諏訪湖
松本より先は勝手知ったるいつもの道、次第に混雑するようになり東北の快走路が恋しくなる。
甲斐大和、相模湖で休憩し無事に自宅へ到着。
総走行距離4700㎞ピッタリ、クラッチワイヤー以外まったくトラブルはなく走りきることができた。
まぁ、ワイヤー類は消耗品なので不問でしょう。

コメント一覧

梅村 丹八 URL 2020.12.01(火) 18:28 修正

毎度です、梅村ですーωーつ
大好物まってましたω

ウラル騎士ωしてはトラブルを喜ぶ位でないとね
アテクシは一応汎用ワイヤー補修キットと予備のクラッチワイヤーは常時トランクに放り込んであります
まあそのせいでトランクに満載なってんですが………
手斧とウインチと滑車にスパイラルアンカー(ry

日程に余裕があるって素敵ですねω
トラブルも話のネタで何よりでした!

にぱにま〜ゆ@管理人 2020.12.15(火) 10:59 修正

少々のトラブルは旅のスパイス!
ウラルは工具やら予備部品を積み放題ですから、ある意味普通のバイクより気楽かもしれませんね^^;