記事一覧

分割日本一周東日本編3

2020.09.27

15日目、青森まで。
悪天候で欠航のため青森便で函館に渡ったため、復路を大間便にして本州に戻ってきた、日本一周とあれば突端は外せない。
おかげで下北半島を3度も行ったり来たりすることになるが、交通の流れは良いので距離の割には楽ちん、自宅周辺の渋滞道路のほうがなんぼか苦痛だ。

↑ 大間崎
昼食にマグロ丼を食した後、むつ→野辺地→浅虫と沿岸を走って青森泊。

16日目、能代まで。
青森市街から陸奥湾岸を走り龍飛崎へ。
途中、青函トンネル入口広場に立ち寄る。

↑ 龍飛崎シーサイドパーク付近

竜泊ラインを走り道の駅こどまりで昼食、出発しようとしたところ駐車場を出た途端にクラッチワイヤーが切れるトラブル発生。

出発前の目視点検では特に問題なかったので一気にブチッと切れた様子、最近クラッチワイヤーが伸びてるなぁという感覚はあったため応急修理用のタイコを持っていて助かった。
ノークラッチシフトを心がけ百数十キロ走り能代の温泉宿に到着。

17日目、秋田まで。
行きつけのバイク屋に新しいクラッチワイヤーを次の宿に送ってもらい修理することに。
応急タイコのままでは不安なので60kmほどしか離れていない秋田までの移動とし、ワイヤーの受け取りのため余裕を持って3泊する。
台風も通過することだし一休みするのも良いだろう、GoToのおかげで3泊しても1万円しないのは助かる。

↑ 八郎潟付近、道の駅ことおか 土笛の里

18日目、秋田市内観光。
秋田に着いた当日にクラッチワイヤーを受け取ることが出来、その日のうちに修理を終えたので残りの2日を持てあますことに。
この日は台風で雨も降っていたのでバスに乗ってイオンモールへ行き映画を見てのんびりと過ごす。

↑ 秋田駅、思いのほか発展してた

19日目、男鹿半島ツーリング。
クラッチワイヤーをいたわるためパスしてしまった男鹿半島を少し戻って走ることに。
道の駅で地元高校生によるなまはげの演舞を見たり、ゴジラ岩に立ち寄る。
少ない交通量と適度なワインディングで楽しめた。

↑ ゴジラ岩

20日目、新潟へ。
新潟観光に時間を割きたかったため数度の給油と休憩以外はほとんどノンストップで日本海沿岸のR7を走り新潟まで。

↑ 道の駅鳥海。 山形県は一気に走り抜けてしまった。
新潟では万代橋周辺や朱鷺メッセを観光、佐渡への渡航が頭をよぎるも思いとどまった。

21日目、松本へ。
何処までを東日本とするのか旅の終わりを決めずに出発したのだけど、地学的にフォッサマグナの東端が良いだろう。
柏崎→上越と日本海沿いにR8を走って糸魚川に到着、旅の終着点とする。

↑ 糸魚川 ヒスイ海岸
ここから一気に自宅まで帰れないこともないが、旅の余韻に浸るため松本を最終宿泊地にする。

22日目、自宅へ。
3週間の間で季節が随分と進んだのか朝の松本は肌寒く12度くらい、雨の降る知床峠(15℃)より寒かった。

↑ 諏訪湖
松本より先は勝手知ったるいつもの道、次第に混雑するようになり東北の快走路が恋しくなる。
甲斐大和、相模湖で休憩し無事に自宅へ到着。
総走行距離4700㎞ピッタリ、クラッチワイヤー以外まったくトラブルはなく走りきることができた。
まぁ、ワイヤー類は消耗品なので不問でしょう。

分割日本一周東日本編2

2020.09.27

7日目、苫小牧まで。
函館観光は帰路にすることにして先に進むことに。
洞爺湖、昭和新山を観光して室蘭経由で苫小牧へ、途中ずっと雨に降られてましたが観光地ではタイミング良く止んでくれた。

↑ 昭和新山

8日目、帯広まで。
朝一番で「ミール展示館」を見学。
その後苫小牧を出発し、日高→襟裳岬と沿岸を走り帯広へ。
襟裳岬では日高昆布ソフトを食す。

↑ ミール展示館

9日目、根室まで。
釧路→厚岸と沿岸を走り特に観光もせず一気に根室まで。
もちろん目指すは納沙布岬。

↑ 納沙布岬、北方領土がうっすら見えた

10日目、網走まで。
標津→羅臼と沿岸を走り網走へ。
ほぼ1日中雨に降られ知床峠は真っ白、50m先が見えない...
この天気ならヒグマに遭遇せずに済みそうだw
網走に入るころようやく雨が上がり、網走監獄、流氷博物館などを観光、夕飯にザンギを食す。

↑ 網走監獄

11日目、稚内まで。
ひたすらオホーツク沿岸を北上、ナビの案内も120km先右折とか。
60km道路を70kmで走っていてもバンバン抜かされる、正直なところウラルの動力性能で北海道は辛いw
宗谷岬に到達後、貝殻の道などを走りつつ稚内観光をする。
道中の大半が雨だったがここでも観光地では止む、日頃の行いはさほど良くないのにね。

↑ 宗谷岬

日本本土四極踏破達成!

稚内市役所に赴き踏破証明書に日付と名前を入れてもらいました。
ウラルで下道オンリー四極踏破は他に例があるのかな?
※下道=長距離フェリーと高速道路を使わない経路

12日目、札幌まで。
ノシャップ岬に立ち寄り日本海沿岸を留萌→札幌へ。
特に観光するところも無いのでひたすら走る。
出発から2500kmぐらい走っているため、ウラル北海道に立ち寄りオイルとリアタイヤの交換、軽メンテなど。

↑ URAL・RoyalEnfield北海道Nabajo

13日目、小樽まで。
札幌から30kmばかり移動して小樽観光に1日当てる。
運河や博物館、天狗山などを観光しとても満足。

↑ 地獄坂

14日目、函館まで。
R5沿いに倶知安→長万部を経由して函館に戻る。
道南の日本海側を走り残したが函館観光を優先、ホテルにバイクを止めて路面電車とロープウェイで函館山へ。
休日な事もあり多くの人で溢れかなり密だった。

↑ 函館の夜景、コレ見なきゃね!

分割日本一周東日本編1

2020.09.27

GoToで宿代が安く済みそうなので、このチャンスを逃すものかと3週間ほど掛けて東日本の沿岸を一周してきました。

毎日がとても濃く充実したツーリングでしたがとても書き切れないのでダイジェストで。

↑ 全行程のGPSログ

初日、自宅から久里浜まで走り東京湾フェリーで金谷へ

須崎・野島崎・犬吠埼などの灯台を巡り鹿島神宮を参拝して大洗泊、千葉県の沿岸の長さに辟易気味。

2日目、宮城県の多賀城まで。
途中、原発被災地域の帰宅困難エリアを通り終末感に驚く。

3日目、岩手県の宮古まで。
いまだに復興作業が続きダンプが多い、津波の到達位置を示す看板を見ると助かる気がしない...
リアス式海岸を通る国道は高低差とキツいカーブが多く割とテクニカル。

↑ 奇跡の一本松

4日目、青森県のむつまで。
浄土ヶ浜を観光、久慈で海鮮など喰らいつつ八戸を通過し三沢高空科学館に立ち寄る、車が少なくペースがあがる

↑ 三沢航空科学博物館の一式双発高等練習機

5日目、天候が悪いためむつに連泊。
ウラルはホテルに止めたままバスで恐山を観光し、買いだめた土産類を自宅に送るなどする。

6日目、早朝、フェリー会社から大間→函館便が欠航するとの知らせ有り、青森→函館便に予約し直し青森まで戻るハメに。
青函連絡船を観光、アスパムで八幡馬の置物を買う。

↑ 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
函館市内泊、悪天候のためロープウェイ欠航につき夜景は見られず。

帰宅!

2019.08.31

ロシアライドから帰国後、2週間の延長戦を終えて無事に帰宅しました。
総走行距離4535km、いやよく走った!

ロシアライド3日目

2019.08.05

ほとんど揺れることなくフェリーは航行し、ロシアの陸地が見えてきました。

港には複数の軍艦と大きな吊り橋が見えます。

タグに押されて着岸しウラジオストクに到着!

ロシア入国5回目、ウラジオストクへは9年ぶりの再訪です。

バイクの受け取りには時間が掛かるため、本日は特に予定がありません。

まずは現地コーディネータのセルゲイさんと合流してホテルにチェックインします。
しばらく宿泊する「ルネッサンス」ホテルは住宅街の中にあり場所が分かりにくいものの、そのおかげで静かなホテルです。

到着するや駐車場を監視していたガードマンが出て来てウラルに興味津々、どうやらウクライナ出身の彼は幼少のころ父親の運転するサイドカーに乗っていてとても懐かしい様子。
スマホで写真を撮ると父親に送り早速電話をしていました、あなた仕事中でしょw

自分の部屋に荷物を置き、夕飯までの自由な時間で市街に繰り出しました。
2度目のウラジオストクであり、ある程度土地勘があるので他の日本人参加者を誘ってまずは「鷲の巣展望台」を目指します。

道すがら今ではウラジオストクを代表する建造物となった金角湾を横断する吊り橋「ゾロトイ・モスト」がよく見えます、前回来たときは建造開始直後で影も形もありませんでした。

鷲の巣展望台↓

吊り橋がとても良いアクセントになっていました。
以前と異なり中国人観光客ばかりです...

フニクリョールで丘を下ります。

太平洋艦隊軍事歴史博物館の敷地を散策、残念ながら休館中でした。

気を取り直してС-56博物館へ

潜水艦の内部を見学できます、ここも二度目の訪問です。

一度ホテルに戻り、スポーツ湾に面した遊園地近くの「グス・カラス(Гусь・Карась)」でロシア上陸を祝い宴となりました。

お酒は飲まないのでクワスで乾杯し、ロシア沿海州の料理を頂きました。
ホテル近くのスーパーでお菓子と飲料を買ってロシア1日目を終了です。

ロシアライド2日目

2019.08.04

船の中ではヒマを持てあますかと思っていましたが、意外と時は早く流れます。
一番の楽しみである食事はビュッフェスタイルで、韓国の船だけあって常にキムチが含まれます。
味に不満はないものの少々レパートリーが乏しい感じでした。

船は定刻より少々早く東海の港に着きました。

そのまま船でのんびりするのも良し、一度入国して観光するのも良しとのことなので降りて観光することにします。
滞在できる時間は3時間ほどの極めて短い時間ですが、韓国の雰囲気を少しでも味わい、昼飯ぐらいは陸で食べたいですからね!
(ウラルジャパンのブラド社長は船に残り読書にふけっていました)

タクシーに乗って市街地に移動します。

ヒュンダイのタクシーは意外と快適。

まずは大型ショッピングセンター「e-mart」に入ってみます。

その土地の文化を知るにはお店を覗くのが手っ取り早いです。
物価は日本より若干安い感じ、なにぶんウォンが日本円の十分の一の価値ですから、千円相当の買い物でも一万ウォンとなりなんだかリッチマンになった気分です。
韓国土産に焼き肉店などでおなじみの鉄箸を購入しました。

さらに歩いて街を散策。
マリンリゾートが盛んな地域のためかスポーツ用品店を多く見かけました。

韓国らしい昼飯を食べようとしばらく歩き回るも、適当な店が見つからず、入店したのは結局ロッテリアです。
まぁ、ある意味ザ・韓国と言えなくもないか...

価格は日本と同程度でしたが、日本のロッテリアより大きなバーガーは満足できるものでした。

時間が来たのでタクシーで港に戻り、自分の寝台でのんびり。

初韓国でしたが東海には反日プロパガンダのようなものはなく、店員なども普通に丁寧に対応していました。
今のところ韓国に対するイメージは巷でいわれるほど悪くありません。

ロシアライド1日目

2019.08.03

フェリーターミナルへの集合はお昼過ぎですから、チェックアウト時間ギリギリまでホテルに居ても相当時間が余ってしまいます。

と、いうことで以前から気になっていた「境水道大橋」を渡って対岸に行ってみることにしました。

境港の護岸から強烈な存在感で見えるこの橋を一度渡ってみたかったのですよね!

地蔵崎方面に進んで美保神社を参拝。

えびす様をまつる神社は数あれど、美保神社が総本宮とのこと。

さらに進んで美保関灯台へ。

可愛らしいコンパクトな灯台はきれいに整備されていて隣接するレストランと相まってとてもオシャレな雰囲気です。
天気が良ければ隠岐の島が見えるようですが、残念ながら霞が掛かって見えませんでした。

境港市街に戻り給油をしてからフェリーターミナルへ移動。
他の参加者も無事に到着していよいよ乗船です!

税関の書類や職員の検査など必要な手続きを済ませ、ナンバー交換の儀式を行いました。

自分で運転してフェリーのランプを駆け上がりウラルを船倉に積み込みますが、そのまま乗船とはならず一旦降りて待合室へ。
さっきまで閑散としていた待合室はいつの間にか乗船客で溢れており、韓国人やロシア人とみられる外国人も多くいます。

船での国外旅行は初めてですが、飛行機と同じようにパスポートコントロールを受けてからタラップで乗船しました。

韓国の東海(トンへ)を経由してウラジオストクへ行くDBSフェリーのEASATERN DREAM号は貨客船としては比較的小型であるものの売店・免税店・カフェなどを備え、風呂や24時間使えるシャワールームを備えています。

しかし、今時の日本のフェリーに慣れているとやや古く見劣りすることは否めません。

夕日に変わる頃、特に合図もなくスルスルと離岸しました。

午前中訪れた、美保神社や美保関灯台を海上から眺めついにロシアへの一歩を漕ぎ出しました。

本日の軌跡 30km

ロシアライド前段作戦5日目

2019.08.02

琴浦町から境港までは目と鼻の先。
順調に来ることができたので、空いた時間を観光に当てることにします。

風車のある駐車場で大山を眺めながら小休止

のんびり進むも9時過ぎには境港へ到着してしまいました。

まずは明日の出港時に慌てなくて済むように、フェリーターミナルと乗船カウンターの場所を確認しておきます。

フェリーターミナル入り口の看板は日本語・英語・韓国語・ロシア語で記述されています、外国への玄関口らしくテンションが上がりますね!

明日乗る船も着岸して待機中です。

ロビーとカウンターは誰もおらず閑散としておりましたが、事務員に声を掛け明日の手続きで疑問に思っていたことを聞いておきました。

不安な点は大方解消したので心置きなく境港の街を観光します。
駅からスタートして水木しげるロードを散策。

以前訪問したときからリニューアルされた様子で、妖怪のモニュメントがとても増えていました。

↑ 某男とお近づきに...

「妖怪食品研究所」なる店で売っている「妖菓目玉おやじ」を食べ
水木しげる記念館を見学

苛烈な戦時を生き抜きその経験を作品に反映させているだけあり水木しげるの作品は感慨深いものがありますね。

続いて某CMで一躍有名になった「ベタ踏み坂」へ。

実際のところ望遠レンズの圧縮効果を使ったトリックで、坂道としては一般的な高速道路のランプウェイと変わらないレベルです。
ウラルでも速度を落とさず余裕で登る事ができます。

最後に「SANKO夢みなとタワー」へ

高さ43メートルで日本一低いタワーとして認定されているそうな。
展望室からは大山や中海の方まで見渡すことが出来ます。

近くのホームセンターで買い物をしたり夕飯を食べて本日の活動は終了。

本日の軌跡 87km

ロシアライド前段作戦4日目

2019.08.01

境港に行く間に何らかのトラブルが発生しても対処できるように、相当余裕を持って行動しています。
フェリー出航の1日前に到着する予定ですから、むしろ時間をもてあまし気味です。

舞鶴を出発してR178を宮津方面へ。
天橋立は以前観光しているので今回はスルーしてR312を進み久美浜で給油、R178に入って「道の駅 あまるべ」で最初の休憩と観光をします。

ここに来るのは3度目ですが、餘部駅に行くエレベーターが完成しており、餘部橋梁に上るのがずいぶん楽になっていました。

過去に痛ましい事故のあった場所であるものの、とても良い鉄道のある景色です。

R178からR9に入ってさらに西進します。
観光済みの鳥取砂丘はスルーして道の駅「神話の里 白うさぎ」に到着。

因幡の白ウサギでおなじみの白兎神社を参拝します。

道の駅併設のすなば珈琲で「もさバーガー」なる真っ黒なバンズのハンバーガーを食べ昼食にしました。

「スタバはないけど、スナバはある」と鳥取県の自虐的キャッチコピーになっていましたが今となっては県内に数件のスターバックスが存在しています。

白兎を出発、泊・羽合を通過して道の駅 大栄で休憩。
全国最初に認定された道の駅1号として有名です。
せっかくなのですぐそばにある青山剛昌ふるさと館にも立ち寄りました。

コナンやYAIBAなど名作漫画家の博物館だけあってなかなかの賑わいです、それにしても中国人の多いこと。
国際的に人気なんですね。

ライダーお約束のソフトクリームはこの地域特産の大栄すいかにちなんでスイカソフトにしました。

道の駅から数キロ走り、かなり早い時間に今日のお宿に到着。
まだ日が高いので琴浦付近を散策します。

↑鳴り石の浜
こぶし大の石で出来た海岸で、波で石がぶつかり合う度にガラガラと音がします。

付近にロックバランシングに挑戦!との立て看があったのでマネをして石を積んでみたところ...

うん、センスよく積まないと賽の河原にしか見えないw

夕飯と給油を済ませて宿に戻ると窓から日本海に落ちる夕日が見えていました。明日はいよいよ境港に到着。

本日の軌跡 190kmぐらい

ロシアライド前段作戦3日目

2019.07.31

阿納を出発して小浜からR27に入り福井県から京都府へ。
今日は舞鶴を堪能する観光デーです。

まずは「舞鶴引揚記念館」に向かいます。

終戦後、復員兵を迎え入れた港を望む場所にある当時の様子を伝える記念館で、シベリア抑留のラーゲリでの生活や復員船の模型などが展示されています。


近くには「岸壁の母」で歌われた桟橋も復元され当時の様子を偲ぶ事ができます。

その後、舞鶴を一望出来る「五老スカイタワー」を観光しました。

R27からタワーまでの道のりはウラルにはキツい勾配の峠道であるものの眺望は抜群です。

軍港お約束のバーガーで昼食。

可も無く不可も無いお味でした。

山を下って赤レンガパークへ。

駐車場では以前と同じ構図で写真を撮ってみたり。

ついでに赤レンガ博物館も見学します。

世界各地のレンガを集めて展示してあり、よくコレクションしたなと感心するのですが、クレムリンなど世界遺産のレンガをどうやって手に入れたのかとても気になります。

少々暑さに参ったので舞鶴の外れにある温泉宿に早めにチェックインしました。

部屋で荷物の整理をしているとスーツケースのキャリーハンドルが壊れていることが発覚!
フロントでスーツケースを売っている店を教えてもらい、来た道を戻って西舞鶴のショッピングモールへ。
地方の大型ショッピングモールは驚くほど品揃え豊富で、満足するケースを新調することが出来ました。

壊れたスーツケースは土産を詰め込んで自宅に配送してお役御免です。

本日の軌跡 95kmぐらい

ページ移動