記事一覧

フロントカバー分解(ならず)

2022.11.03

異音はするものの、動作フィーリングに全く変化はなかったので600km以上そのまま乗っていましたが、ようやく部材が揃ったので作業が出来ます。

自分のウラルはオイルクーラーが付けてあるのでそれを外すのが少々面倒です

そういや2015年にオイルクーラーを取り付けて以来、外すの初めてだなw

ところが...
点火タイミングを取るセンサー類とシールカラーを外したところで
作業強制終了!

↑ フロントカバーを固定する皿キャップが固着して外れませんw
工具の方が負ける始末です、ペネトンも効きません。

4mmHEXのビットを2本も折ってしまいました。
8年前に新型フロントカバー取り付け記事の中で予言していた皿キャップの懸念が現実になるとは...

エキストラクタで外すことは難しくないのですが、戻すための部材が無いためこれ以上の作業を中断せざるを得ませんでした。

シールカラーの紙ガスケットとカムシャフトのオイルシールを交換して元の状態に戻します。

部材(ネジ)を揃えてやりなおしかぁ
...と、思ったら直ってる!!

どうやらカムシャフトのオイルシール劣化が異音の原因だったみたいです、オイルシールから抜けた内圧がタイミングセンサーのカバーを叩きチリチリ鳴っていたと。
たしかに指の力だけで抜けるぐらい嵌め合いが緩くなっておりゴムが硬化して変形しています。

結果論ですがそもそもフロントカバー開ける必要無かったのね...


意図せず異音解消ですw
しかし来たるべきエンジンO/Hのためにフロントカバーのネジどうにかしないとなぁ。

コメント一覧

梅村 丹八 2022.11.16(水) 10:32 修正

毎度です、梅村ですーωーつ
お疲れ様です

不幸中の幸いという奴ですかねえ‥

うーん
焼けるとこならベタに加熱なのかな?
荒業でボルトに何か溶接して回すとか?

隙間があるのでしたら全部キャップボルトから六角フランジ付きに換えるとかもω

梅村 丹八 2023.01.27(金) 15:39 修正

おお、サイトが消えていて焦りましたがご無事のようで何よりです

コチラは年末年始の懲りないウィンターライドに行ってましたω
オフィシャル参加の2023モデルをジックリ見てウラルベースほかいどのK田氏と談合して
HBブレーキキャリパーからの脱却を開始しましたω

国内では第一号のようでつ…
さて